ユーザー画像

2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

OCN 検索

最近の記事

銀花ギャラリー facebook

Facebook Twitter

2014/07/23

高知展 林 俊介(ステンドグラス)

 
 
高知展の作家紹介です。
 
 
高知市内で暮らす林俊介さんは、50代半ばの男性ステンドグラス作家さんです。
ステンドグラスと言っても、窓などに付ける大きなモノではなく、
卓上オブジェや灯り、アクセサリー、万華鏡などを制作されています。

Photo

グリーンハウスは、中に小さな多肉などの
観葉植物を入れて楽しむお家です。
 
 
ハウス型は人気で小さなサイズも届いています。

Photo_2

窓辺に置いて自然光を通してみたいですね。
 
 
灯りもあります。

Photo_3

実際の明かりより少し暗く写りました。
直線で構成されていますが、あたたかな色味のガラスが使われており
ぬくもりを感じます。
 
 
Photo_4

シンプルなランプシェードは、シンプルだからこそ
ガラスにもこだわっているそうです。
 
 
Photo_5

こちらは、風の抜ける窓辺が似合うランプシェードです。
日中は、明かりを灯さなくても綺麗でしょうね。
 
 
Photo_6

ペンダントなどのアクセサリーも、シンプルな作りに
こだわりのガラスを配し、目を惹きます。
価格も手頃で 夏場のアイテムとして活躍してくれますよ!
 
 
Photo_7

これは万華鏡。
ちょっと仕掛けがあるんですよ!
説明が難しいので見に来てくれたら嬉しいです。
 
 
作品だけを見ると、女性作家かと思ってしまうような、こころに優しいステンドグラス。
窓用の大きな作品は、実際に制作して取り付けるもの、価格も含め大事です。
ガレ風の立派な灯りは、現代の暮らしに合わせるには難しい。
でも、やっぱりステンドグラスって魅力あるモノなのです。
林さんの作品を飾ったり、使ったりして、その魅力を楽しんで下さい。
 
 
高知展 ~その3~ 海と山と、土佐の風からうまれるもの
2014年7月18日(金)~8月4日(月)
11:00~18:00(最終日16:00まで) 火曜休み

あるぴいの銀花ギャラリー
330-3835 さいたま市大宮区北袋町 1-130
TEL 048-647-2856
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/07/22

高知展 植木栄造(ガラス)

 
 
本日は定休日ですが、高知展の作家紹介です。
 
 
四万十川の河口に近い太平洋に面した黒潮町にある
海辺のガラス工房Kiroroanで 宙吹きガラスを制作する植木栄造さん。

Photo


全面色ガラスの作品も制作されているようですが
高知展には、クリアーな部分を残したうつわを中心に出品していただきました。

Photo_2


Photo_3
 
 
ひとつのうつわに数色の入っているのですが、色合わせも素敵です。

Photo_4

ホワイト&ブルーは、涼やかなのに、はっきりとした強い意志も感じます。
高知の海を想像させてくれますね。

Photo_5
 
 
個人的にお勧めなのは、蓋物です。

Photo_6

手間のかかる蓋物なのに、お値段もリーズナブルで、ちょっとビックリ。
 
 
掛け花は人気で、6個来ていたのですが、もうラス1です。

Photo_7

今日はお休みですが、早い者勝ちです。
 
 
アクセサリーも届いております。

Photo_8

普段着も良いですが、水着にも合わせたくなりますね。
革紐だから水に入る時は外した方がイイかも!
 
 
植木さんご本人には、まだお会いした事がないのですが
お髭の似合うダンディー(←死語?)な方のようです。
作品を見ていると、とっても清々しい人柄を想像しますね。
そんな人柄を想像させてくれる ガラスのうつわ達に会いに来て下さい。
 
 
高知展 ~その3~ 海と山と、土佐の風からうまれるもの
2014年7月18日(金)~8月4日(月)
11:00~18:00(最終日16:00まで) 火曜休み

あるぴいの銀花ギャラリー
330-3835 さいたま市大宮区北袋町 1-130
TEL 048-647-2856
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/07/21

高知展 工房申(SIN) 西田宣生さんのうつわ

 
 
高知展の作家紹介です。
 
 
高知県南国市の工房申(SIN)で作陶する西田宣生さん。
蒼の器シリーズの磁器を中心に制作されています。

Photo_4


Photo_5

夏の食卓に涼やかな清涼感を与えてくれる うつわですね。
 
 
そして粉引の土物も作られています。

Photo_6

先日39歳になった西田さんですが、割山椒など 渋いうつわも手掛けています。
 
 
リム付きの鉢は、とても使いやすそうですね。

Photo_7

サイズも2種類あります。煮物なども良いですが、スープや
果物なども良く合いそうです。
周囲が紅色に染まった白い斑点は、御本と言われ
焼成時に窯の中で、土の成分が 化粧土の下から滲み出たモノです。
それぞれに表情が出ておもしろいですね。
 
 
カップ&ソーサーもシンプルな作りと 鎬(しのぎ)を加えた2パターン

Photo_8

鎬の作は、独特な焼成方法で、粉引にひび割れが見えます。

Photo_9

蒼の器とは対極な印象で あたたかさを感じます。
仕上がりはマットな見た目ですが、手に吸い付くような焼き上がりです。
手に取って、じっくりと楽しんで頂きたい うつわ達です。
 
 
高知展 ~その3~ 海と山と、土佐の風からうまれるもの
2014年7月18日(金)~8月4日(月)
11:00~18:00(最終日16:00まで) 火曜休み
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

かちり

 
 
作家紹介が2人しか進んでいませんが、今日は「かちり」情報を。
 
 
高知県宿毛の特産品「かちり」、いわゆる「ちりめんじゃこ」です。

http://www1.ocn.ne.jp/~al-ginka/Photo

今回もバッチリ準備いたしました。そのまま食べても十分に旨いのですが
高知の柚子や仏手柑を絞って酒の肴に最高!
パスタやサラダに入れも 本気で旨い!!!

Photo_2

試食に来た子供たちも、最初はお菓子を食べていたのですが
一度「かちり」に手を出すと「お魚ちょうだい、お魚」と かちりしか食べない程です。

Photo_3

在庫が切れない様に仕入れたいと思っていますが、もしも在庫切れの時は お許し下さい。
どうしても食べたい方は、ご来店前に お電話で確認を。
 
 
高知展 ~その3~ 海と山と、土佐の風からうまれるもの
2014年7月18日(金)~8月4日(月)
11:00~18:00(最終日16:00まで) 火曜休み

あるぴいの銀花ギャラリー
048-647-2856
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/07/19

桂子さんの人形と 絵麻さんの器。

 
 
ドタバタと慌ただしくスタートした高知展 その3。
初日、多くの方に楽しんで頂きました。ありがとうございます。
本日から参加作家さんをご紹介していきたいと思います。
 
 
昨日の初日に記録用の写真を撮るまもなく、2人の女性作家の作品が人気で
一気に数が減ってしまいました。今日はその2人をご紹介いたします。
 
 
今回、初参加の 三本桂子さんは、フリーランスのイラストレーターです。

Photo

イラストやポストカードが届いております。

Photo_2
 
 
そんな三本さんが、最近手掛けている石膏人形が人気です。

02
 
 
干支シリーズも

Photo_3
 
 
猫は5匹いたのですが、もう1匹だけになってしまいました。

Photo_4
 
 
お雛様もかわいいですよ。

Photo_5

こちらもラスト1セットです。
 
 
高知や神戸での展示が中心なので、関東で三本さんの作品が楽しめるのは数少ないチャンスです。おっさんでもカワイイ~と言いたくなる作品に触れて、のほほんって感じではなく「ニンマリ」しに来て下さい。
 
 
 
陶で参加の広川絵麻さんは、初回から3度目の参加です。
個人的にも飯碗などを使っている広川さん。
高知の空に浮かぶ雲の様な白いうつわと
少しグリーンがかった黒いうつわです。

Photo_6


Photo_7


Photo_8

器用さは感じないのですが、ひとつひとつに心がこもっている あたたかい器です。


Photo_9


Photo_10

弱々しい感じではなく、小皿も存在感があるんですよ。
 
 
とっても忙しい広川さん、今回も多くは届いてないのに
白いうつわが人気で、蕎麦猪口と飯碗も残り少ないです。
興味がある方は、お早めに!

Photo_11

広川絵麻さんの工房を訪ねた 2010年のブログ
http://alpino-ginka.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/08/post_0757.html
 
 
 
高知展 その3「海と山と、土佐の風からうまれるもの」
2014年7月18日(金)~8月4日(月)
11:00~18:00(最終日16:00まで) 火曜休み

あるぴいの銀花ギャラリー
330-3835 さいたま市大宮区北袋町 1-130
TEL 048-647-2856
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/07/18

高知展 その3 「海と山と、土佐の風からうまれるもの」はじまりました。

 
 
高知展 その3 「海と山と、土佐の風からうまれるもの」はじまりました。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4
 
 
元気いっぱいの高知県から届いた 陶器やガラス。

Photo_5
 
 
美味しい食品もいっぱいです。
初日に売り切れてしまったアイテムもあるのですが
ナント!ワンちゃん用の商品も海を越えて届きました。

Photo_6
 
 
バタバタの初日で、各作家の詳しい情報は
日を追ってご紹介していきたいと思っております。
会期は8月4日までで~す。

Photo_7


Photo_8
 
 
 
20147kochiblog
 
高知展 その3 「海と山と、土佐の風からうまれるもの」
2014年7月18日(金)~8月4日(月)
11:00~18:00(最終日16:00まで) 火曜休み
 
植木栄造(ガラス)
下本一歩(竹のカトラリー)
西田宣夫(陶器)
林俊介(ステンドグラス)
広川絵麻(陶器)
三本桂子(イラスト、石膏人形)
エコアス馬路村(魚柳瀬すぎのバック)
クリームデザイン(紙のバッグ)
ドッグズライフ(犬のおやつ)
土佐のおいしいもの。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/07/17

荷解き

 
 
高知展搬入中。
荷解きの量が・・・・。

Photo

これから食品のダンボールに挑みます。
明日から、楽しみましょうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/07/16

願い。

 
 
今日と明日は搬入日です。
高知県からの荷物がドンドコ届いております。
18日(金)の初日を楽しみに待っていて下さい。
 
 
記憶に新しい、長野県の土石流被害。
すぐ隣の岐阜県土岐市に工房がある「TOY VILLAGE虹の森」さんのショップにも
水が流れ込んだそうです。早く復旧してほしいですね。

Photo

自然災害は被害も大きくなるので皆様もどうぞお気を付け下さい。
そして、お亡くなりになった中学生の男の子のご冥福をお祈りいたします。


同世代の子供を育てる親として、ニュースを聞いた時に本当に心が痛くなりました。
 
 

追伸として書くのは忍びないですが
イスラエルとガザ地区の戦闘でも多くの子供たちが犠牲になっています。
パレスチナの子供達は、日本の震災被害の追悼をしてくれたり
被災地の子供たちと連帯を持とうと絵を描いててくれた子供たちです。
早く話し合いによる決着が付くことを願います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2014/07/14

12月にお会いしましょう。

 
 
鈴木悦郎 絵展楽2014も終了時間が迫ってまいりました。
 
 
今日中に送り出さいといけない作品もあったり
作品のお引き取りもあるので、展示が淋しくなってきました。
 
 
今回も多くの方に悦郎の作品を楽しんで頂き、心より感謝いたします。
ありがとうございました。
 
 
12月の展示は、どんな形になるか分かりませんが
また皆様にお会いできる事を楽しみにしております。

7


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

万華鏡。

 
 
11月20日から展示を予定している
金工作家の関井一夫さんが新作の万華鏡を持って来てくれました。

Photo

Photo_2

多摩美術大学で金工を教える関井さんの万華鏡は
華やかさと金属の重厚感が魅力です。