ユーザー画像

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

OCN 検索

最近の記事

銀花ギャラリー facebook

Facebook Twitter

2014/09/02

お休みです。

 
 
本日は定休日です。

Photo


 
 
 
 
 

2014/09/01

明日はお休みです。

 
 
今日は次回発送のDM作成作業。
写真選びに迷っています。
 
 
画像は展示中の小さな花入れと徳利。

Photo


Photo_2
 
 
木村イサオ 盛夏の窯
2014年8月28日(木)~9月8日(月)
11:00 ~18:00(最終日16:00まで)9/2火曜休み
在廊日 8/31・9/6・7・8

あるぴいの銀花ギャラリー
330-3835 さいたま市大宮区北袋町 1-130-9
TEL 048-647-2856
 
 
明日はお休みです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/08/31

 鉢

 
 
 鉢

Photo_6


Photo_7


Photo_8


Photo_9


Photo_10
 
 
木村イサオ 盛夏の窯
2014年8月28日(木)~9月8日(月)
11:00 ~18:00(最終日16:00まで)9/2火曜休み
在廊日 8/31・9/6・7・8
 
あるぴいの銀花ギャラリー
330-3835 さいたま市大宮区北袋町 1-130-9
TEL 048-647-2856
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2014/08/30

展示中のうつわを少しご紹介。

 
 
展示中のうつわを少しご紹介。
木村イサオさんは、薪窯焼成で粉引や 灰釉のうつわを焼いています。
当然 自然釉かかったり、窯の中の場所によって 還元焼成になったり
酸化焼成になったりして1点1点に変化が生まれます。
 
 
今回の窯では、マンガン釉(金色の発色をする)にも挑戦されました。

Photo

刷毛で塗られたマンガン釉は 小さな小皿の中に様々な変化が見れます。
厚く塗られた所などは 縮みも出たりしていますね。
 
 
数は少ないですが、鉄絵が入った徳利もあります。

Photo_2
 
 
ぐい呑みや 片口も それぞれに変化があって じっくり楽しめる展示です。

Photo_3


Photo_4


Photo_5

気が付けば 酒の道具に偏って紹介しているようですが、鉢物もイイんです。
また ご紹介致します。
 
 
木村イサオ 盛夏の窯
2014年8月28日(木)~9月8日(月)
11:00 ~18:00(最終日16:00まで)9/2火曜休み
在廊日 8/31・9/6・7・8
 
あるぴいの銀花ギャラリー
330-3835 さいたま市大宮区北袋町 1-130-9
TEL 048-647-2856
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/08/29

アズチ〇〇!

 
 
先に書きます。
虫が嫌いな人ごめんなさい。
 
 
展示中の花器に活けた葉に きれいな白いクモを発見!

Azuchigumo

アズチグモという蜘蛛らしい。
本当にきれいです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/08/28

木村イサオ 盛夏の窯 はじまりました。

 
 
木村イサオ 盛夏の窯 はじまりました。


Photo


Photo_2


Photo_3
 
 
Photo_4
 
 
常滑で修業した木村勲さん、現在は 埼玉県神川町(旧神泉村)で
粉引や灰釉のうつわを薪窯焼成で作られています。

Photo_5


Photo_6

お天気が落ち着きませんが、作家在廊日も多いので ふらっとお立ち寄り下さい。
 
 
 
20148kimurablog

 
木村イサオ 盛夏の窯
2014年8月28日(木)~9月8日(月)
11:00 ~18:00(最終日16:00まで)9/2火曜休み
在廊日 8/28・29・30・31・9/6・7・8
 
 梅雨明けの日、朝の日差しを受けて木村イサオさんの顔が見たくなる。晩酌に使った平鉢と湯呑が「行ってしまえ」と背中を押す。窯がある神川町へ向かって、道中のコンビニから電話をかけ 在宅確認をし、その後、道を間違えて ミヤマクワガタに出会う。良い一日になりそうだ。
 盛夏の窯を準備する木村さんは、釉掛けの最中にも関わらず、快く迎え入れてくれた。木村さんのうつわは、粉引を中心に、自身で作る藁や木灰の釉を掛け、薪窯で焼成する。
「当たり前の うつわ作りをしているだけ」日常の景色を見ながら、ポツリとこぼれた ことば。うつわに感じる男らしさは何だろう。ほっと安心するあたたかさと、料理が映える抱擁感も持ち、酒の道具として愉しめる主張もある。でも嫌な緊張感や伝統的な堅苦しさは感じさせない、ふるさとの様な優しさが木村さんのうつわ。

20148kimurablog2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/08/27

招き猫展 山本祐司

 
 
招き猫展 山本祐司
 
夏旅に出ている間に スタッフの木村さんが頑張って
お菓子やさん 大宮高島屋店の展示替えをしてくれました。
 
ヤクルトのカレンダーや絵本などで、山本祐司さんの作品を 知らず知らずの内に
見ている方も多いと思いますが、今回は 招き猫展。
愛らしい招き猫が た~くさん並びました。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6

すでに初日を迎えていて、数点は嫁入り先が決まってしまった招き猫もいますが
・・・  なんと!追加作品が届くかもしれません。
ヤッター!
 
 
山本さんは、9月7日(日)に在廊予定(変更になるかもしれません
詳細は山本さんのブログで)です。
会いに来て下さいね。
 
 
20149yamamotoblog

招き猫展 山本祐司
2014年8月22日(金)~9月18日(木)
日曜日~木曜日 10:00~19:00
金曜日・土曜日 10:00~19:30 
最終日 18:00まで
9月7日(日)在廊予定
山本祐司:1966年京都生まれ、大阪デザイナー専門学校卒業、セツ・モードセミナー卒業、
個展16回、現在フリーイラストレーター、絵本、書籍表紙、教科書挿絵、ヤクルトカレンダー
など、日本児童出版美術家連盟会員
作家ホームページ
 
 
いつも展覧会では、縁起がいい招き猫の絵を1枚は展示しています。
今回はすべて招き猫の絵です、美味しいケーキを食べながら福を招きますように。
(山本祐司)
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2014/08/26

宮崎県、種子島、屋久島の3つの窯

 
 
本日は定休日です。
先日の夏休みに、宮崎県、種子島、屋久島の3つの窯で
素敵な焼き締めに出会って来ました。

Hatada


Noguchi


Yamashita

画像の整理できませんが、近い内にご報告したいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/08/25

皆様に感謝の2日間

 
 
2日間にわたって開催した「Work Shop by REcreation market @ Alpino Ginka Gallery モノづくりを楽しむ夏」も 皆様のおかげで大盛況となり、50名様近くの方(横から手を出した付き添いの方も含めると60名近くに方)に モノづくりの楽しさを実感して頂きました。
 
 
参加して下さった皆様、講師の田原早穂子(ガラス)さん・藤本咲(ガラス)さん・田中哲子(陶)さん、ありがとうございました。
 
 
そして、今回の企画をプロデュースして下さったREcreation marketの濱 禎さんご夫妻にも感謝いたします。ありがとうございました。
 
 
 
ガラス作品作りでは、小さなお子様も ガラスを切りの初体験に興奮したり、 静か~に集中して 自らデザインして作品を制作しました。


カフェボウル作りに挑戦した陶芸は、いつの間にか どんぶりサイズの大物作りになってしまい、ラストは粘土が足りなくなってしまうハプニングも・・・・ 本気でハラハラしました!


講師の方たちも親切で、細かく目を利かせながらも、比較的に自由に作品作りに挑戦させてくれました。最後の仕上げ、宜しくお願い致しますね!!!

Photo


Photo_2


3


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6


Photo_7


Photo_8


Photo_9
 

と、慌ただしくも有意義な2日間でした。
参加した皆さまは、イベント参加だけでなく、普段の暮らしの中にも
手作りする楽しい事は いっぱいあると思いますので、どんどん挑戦して下さいね。
 
 
また このような時間を作って、一緒に楽しみたいと思います。
次は 自分も参加するぞ~!
今回参加できなかった皆さまも 是非!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/08/24

本日は、カフェオレボウルを作る陶芸ワークショップday!

 
 
本日は、カフェオレボウルを作る陶芸ワークショップday!

Photo

午前中の1回戦目は満席ですが午後は少し余裕があります。
ひとつ ¥3,000-
(税込・焼成代込・完成は約一か月後・銀花ギャラリー引取り)
 
 
興味ある方は ご連絡下さい。
あるぴいの銀花ギャラリー 048-647-2856
 
 
講師の田中哲子さんの作品も展示販売しています。

Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6

女性作家らしい 温かみのある作風は 普段使いし易いうつわ達です。