ユーザー画像

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

OCN 検索

最近の記事

阪 健志 FB

Facebook Twitter

2014/04/25

シャポー・ド・カズ 帽子展

 
 
レンタルスペースのギャラリー多羅葉で、シャポー・ド・カズ(新井和子)さんの
春夏オリジナル帽子展が始まっています。

Kazu1


Kazu2


Kazu3


Kazu4

インポート物の布地を使い、キャスケットなど春~夏にかけて 楽しめる帽子が
約180点並んでいます。

Kazu5


Kazu6


Kazu7

カジュアルに楽しめる 作品もありますので
どうぞ ご覧下さいませ。
 
 
シャポー・ド・カズ(新井和子)春夏オリジナル帽子展
2014年4月24日(木)~29日(火)
11:00~19:00(最終日16:30)

ギャラリー多羅葉(Tarayou)
さいたま市大宮区北袋町 1-147
アルピーノ村 素敵屋さん2階
問合せ:あるぴいの銀花ギャラリー 048-647-2856










2014/04/24

陶三人展「十六番地交差点」 大庭和昭 山本太郎 南公二



陶三人展「十六番地交差点」 大庭和昭 山本太郎 南公二
はじまりました。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5
 
 
隔年で 作品を見せてくれていた大庭和昭さんが 工房移転の為に個展が開催できないということで、今回の三人展を企画いたしました。展覧会のタイトルは「十六番地交差点」。
 
 
共に陶を学び、それぞれに歩み始めて16年。
それぞれの歩んできた道が 埼玉で交差する展示です。
 
 
現在 移転先に工房がない大庭さんは、作品数は少ないですが
ムカシシリーズのオブジェが 届いています。

Photo_6


Photo_7


昨日の搬入時に 大庭さんの写真を撮り忘れてしまったので
代わりに 芳名帳を見守っている「鬼」

Photo_8
 
 
 
京都の山奥に窯を持ち、父、姉、と共に普段使いの器を作る山本太郎さん。

Photo_9


Photo_10


Photo_11
 
 
基本的には 磁器ですが、土物もあります。作品を見て頂ければ分かるのですが、「鎬(しのぎ)」や「面取り」の仕事が多いです。沖縄修業時代に様々な技法を学んだそうですが、太郎さんにしっくりくるのが 鎬の仕事だったそうです。
やわらかな印象の轆轤に 丁寧な鎬が映えて 使い心地も 触感の良さそうです。

Photo_12

真面目そうな太郎さんですが、とっても素敵な笑顔です。
この人柄が、うつわに出ていますよ。
 
 
そして、苦手な人もいるかもしれませんが、僕が今回の展示の中で
一番惹き込まれているのが 南 公二さんの作品です。

Photo_13

南さんは、手捻りと轆轤、仕事割合は半々ですが、自分で作り上げる感覚として
手捻りの方が 好きと言っておりました。でも轆轤のうつわも 削りに特徴があり
手に包むと、一癖あるきかん坊のようで、ほって於けない感じがします。

Photo_14
 
 
うつわ以外にも花器、オブジェ、そして指輪やペンダントも作られています。

Photo_15


Photo_16


Photo_17

初日の今日は、少し猫をかぶって 大人しくしていたように感じましたが・・・・
実際の猫も大好きだそうで、作品にも猫が登場していますよ!
 
 
陶三人展「十六番地交差点」 大庭和昭 山本太郎 南公二
 
2014年4月24日(木)~5月6日(火)
11:00 ~18:00(最終日16:00まで)4/30水曜休み
 
大庭和昭(Kazuaki Oba)  5/4・5・6在廊
山本 太郎 (Tarou Yamamoto)  4/24・25・27在廊
南 公二(Kouji Minami)  4/24・25・27在廊
 
 
本日 画像が無かった大庭さんですが
26日に素敵なお姿を お見せできると思いますので
期待して お待ち下さいませ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/04/23

搬入日なので

 
 
本日は搬入日です。
 
 
まだ作家さんも登場していないので、今朝の散歩風景から

Photo

何のつぼみですかね?
まだ固く閉じられていますが、幾重にも重なる姿が素敵でした。
 
 
Photo_2

お留守の蜘蛛の巣。
朝日が眩しすぎて逃げ出したようです。
 
 
Photo_3

今、あちこちに見る タンポポの綿毛。
もう飛んで行ってしまったモノも多いですが、コイツは今日あたりかな。
 
 
Photo_4

かわいいハートを いっぱいにぶら下げて ペンペン草が揺れていました。
 
 
カメラを持って散歩に行くと帰りが遅くなってしまいますね。
でも素敵な時間でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/04/22

次の種を植え付けられたようです。

 
 
菅原史也展- 芽を出して まっすぐに立つ -
昨日、無事に最終日を迎えました。

Fumiya

春の陽射しに背中を押されるように、多くの方にご来廊頂きました。
心より感謝致します。
 
 
菅原さんも 皆さまとお話しされて、次の種を植え付けられたようです。
また力を溜め込んで芽が出せるようになったら企画したいと思います。
 
 
本日は定休日、次回は陶三人展となります。
明日の搬入が楽しみです。
ご期待下さい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/04/21

黒いグラス



1991

別の場所にある 倉庫の奥から 黒いグラスが出てきました。
包まれていた新聞紙は1991年の日付。
 
 
透過率の低い黒ガラスに白い模様、口縁からグラデーションで畑にあるような強い土色が入っています。腰からステムにかけてのラインが、黒いガラスを軽やかに見せてくれている気がする。ほゎっっと丸いベースは 小振りですが安定感があります。
裏にあるサインは「Naoya」京都 晴耕社ガラス工房の荒川直也さんの作です。
22~3年ぶりに空気に触れた このグラスに、しばし見惚れて
倉庫整理の手が止まってしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/04/20

今年もこの花が咲きました。

 
 
素敵屋さんの搬入路にある物陰で今年もアメージングな花が咲きました。
皆さま この花をご存知ですか?

Photo

これは「ウラシマ草」。
ニョロンと長い髭みたなのがあって、はじめて見るとビックリしますよね。
 
 
密かに 年々 一輪づつ増えております。
どこまで成長するでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/04/19

春ですね。イイですね。うれしいですね。

 
 
欅の新緑が心地良い風に揺れています。

Photo
 
 
通勤路では藤の花も咲き出しました。

Photo_2
 
 
アルピーノ村では、こいのぼりも泳いでいます。

B

春ですね。イイですね。うれしいですね。
 
 
ギャラリーで展示中の菅原史也さんの会期も 残り3日になりました。
木彫の立体作品に目が行きますが、水彩も素敵です。

Fumiya

心地良い時間を過ごして下さいませ。
 
 
菅原史也展- 芽を出して まっすぐに立つ -
~4月21日(月)
11:00~18:00 (最終日16:00まで)
会期中午後より作家在廊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/04/18

田中 清 型染版画

 
 
お菓子やさん 大宮高島屋店 展示情報です(本日より)。
 
 
田中 清 型染版画

20144tanakablog

2014年4月18日(金)~5月22日(木)
日曜日~木曜日 10:00~19:00
金曜日・土曜日 10:00~19:30 
最終日 18:00まで
 
 
Kiyoshi Tanaka profile
1947 兵庫県但馬に生まれる
1966 京都の染織図案家の内弟子になる
1967 上京 岡村多聞堂に入社
1970 中央美術学園でデザインを学ぶ
1973 日本各地を取材し 型染版画の制作に着手
 

B

デザイン画にはじまり、柿渋で染めた渋紙を切り抜き、和紙に貼って
糊置き、色差し、水元、裏打ちを多くの過程を経て完成する型染版画。
田中さんの作品は、特にデザインが素晴らしく その世界に惹き込まれます。
 
大宮駅周辺にお出かけの際は、どうぞ ご覧下さいませ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2014/04/17

春の芽吹き便り。

 
 
銀花ギャラリーのあるアルピーノ村も春の花盛り&芽吹き盛りです。
心地良い陽射しを受けながら 楽しく撮影してきました。
 
 
どこの店舗の なんて花や木かは 書きませんが
心地良さが伝わってくれれば嬉しいです。

Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6


Photo_7


Photo_8


Photo_9


Photo_10


Photo_11

皆様も 春の芽吹きを楽しんで下さいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/04/16

絵画作品追加。

 
 
開催中の菅原史也展。
本日、絵画作品が追加されました。

B

画像は、作品が届く前に展示スペースを確保したところです。
立体の作品だけを見るなら、この位 空間があるのも素敵なんですねどね。